ナイトワークでマナーを

会社でOLとして働いていた時の話ですが、当時の上司に良く飲みに連れて行ってもらいました。
スナックやパブ、キャバクラなどに連れてられて、私は成長するきっかけを与えていただいたと思っています。

そこで働いている皆さんが、女性らしくて、会話も上手で、気遣いも素晴らしい事に驚きました。

私もそうでしたが、あまり良いイメージを持っていない方もいると思います。しかしながら、皆さん知識が豊富で、頭の回転が早い人ばかりでした。

数年後、会社を辞めて仕事を探している時に、たまたま街で声をかけられて、キャバクラでバイトをしてみる事にしました。やはり売れっ子の皆さんは、性格が良くて、知識がある方ばかりでした。

キャバクラ体験入店しようかな・・・

マナーがあまりできていなかった私は、ナイトワークを経験する事で、女性として大切なマナーをしっかりと身につける事ができました。

それから暫くして結婚することが出来ましたし、今では子供にも恵まれました。なので、ナイトワークを経験して良かったと思っています。

ナイトワークについて思うこと。

最近はそう思わなくなってきましたが、成人するかしないかぐらいの時、
ナイトワークに興味を持った事がありました。

理由は大きく3つぐらいあって、お金・シフト・人からの評価?です。
親元を離れて1人暮らしを始めると、なかなか自由に使えるお金が少ない時があり、
そんな時に睡眠時間の都合さえつけば比較的シフトに融通がききそうで
しかも高額なナイトワークは魅力的に思えました。

体験入店で提示されている金額が一晩で手に入ると考えると、かなり迷ったことがあります。
また、客観的に自分という人間の外見やコミュニケーション能力を評価される事が
自分の自身や仕事へのやる気に繋がるのではと思っていたこともあります。

池袋 キャバクラ

しかし昼間本格的に別の仕事で働き出してからは、そのように思うことは減りました。
相変わらず収入への未練はありますが、一番の理由は他人からの評価です。

営業職でお客様から自分自身を評価されるうちに、他人からもらう評価は結構主観や
その時の気分が多く、あてにしていいものと気にしなくていいものが混ざっていて、
元々人付き合いがそんなに好きでもない自分にはその評価の選別が面倒だと感じたのです。

人と人との繋がりが特に大事そうなナイトワークにはより気配りが大事だと思うと、
自然と敬遠してしまうようになりました。

キャバクラ体験入店で感じたこと

キャバクラで働いている友人から一緒に働かないかと誘われて面接に行くことにしました。
上野 キャバクラちなみにここの店舗です!

行こうと思った理由は学費を稼いで親からの仕送りの負担を少しでも減らしたいと思ったからです。
これまで親を少しでも楽させたいと思い、アルバイトしなければと考えていましたが、
キャバクラだったら女子力も一気にアップするし、お金も沢山もらえるし、
何よりいろいろ社会勉強にもなると思いました。

そして友人が働くキャバクラで面接をすると早速体験入店をすることになったのですが、
ちょうど別の予定を入れてしまっていたので次の日に体験入店をすることにしました。

その夜友人に電話で報告をすると、この業界では体験入店をするということは採用を意味することとのこと。
面接が終わって結果は電話で後日報告しますと言われた時は不採用を意味するケースが多いそうです。
そんな暗黙のならわしがあるなんて知りませんでした。
でも、体験入店で不採用になるケースもあるんじゃないかとも思うとすごく緊張してきました。

体験入店当日は、店長やお店の方から基本的な接客マナーを指導してもらったり、同僚のキャバ嬢に挨拶をしたり、
先輩キャバ嬢が接客している席についてフォローしながら仕事を覚えていきました。
そこでは基本的なマナーは教えてくれますが、それ以上は「目で盗め」と言ったカンジです。
ほかのキャバ嬢の接客を見ていると、いいところはしっかり自分のものにしていこうといった感じが伝わってきました。
これから、個性をアピールして自分なりの接客ができるように頑張っていこうと思いました。

あぁ、なんだか緊張してきた。

はじめての体験入店!

キャバクラの体験入店に行ってきました。
少しでもお給料のいいバイトをして、学費の足しにしたい……
そう思っていた時に、キャバ嬢のバイトをしている友達に誘われたのです。

渋谷 キャバクラ
ここにも掲載されている店舗です。

友達の紹介で面接を受けに行ったら、最後に「今日体験入店できる?」と聞かれました。
その日は他にも用事があって帰ったのですが、後で友達に電話したら、
「体験入店って言われたなら採用だよ。不採用なら、面接結果は後で電話します、って言われるから」
…だそうです。知らなかった…

そしていよいよ体験入店。

まず、店長から接客の基本やマナーを教えてもらったり、先輩のキャバ嬢の方にあいさつしたりしました。
そしてすぐに、先輩キャバ嬢と一緒に席に着きました!
え、まだこれだけしか教わってないのに?!と思いました。
けれど、実際に接客の様子を見て、店内の雰囲気を味わって、控室で教えてもらうよりもわかりやすかったです。
先輩も、接客テクニックは他のキャバ嬢の接客を見て覚えたそうです。
私も、先輩たちのいいところを真似しながらがんばっていこうと思います。